◆EPOC環境教育講座 詳細資料

SDGs11SDGs13SDGs15
ナンバー 見学-9 タイトル 生物多様性の保全とビオトープ

講座概要(講座のねらい)

  • 生物の多様性とは何か?その現状と保全の大切さを知る。
  • 地球の仲間である生物と人間の共生を考える。
  • 生物多様性の保全方法の一つとして、ビオトープ整備の考え方を学び実物(屋上ビオトープ)を見学する。 
所要時間 120分 対象人員 20人程度
対象 小学生〜高校生 実施場所 名古屋市港区大江町3−12 株式会社テクノ中部本社
その他 平日の昼間(9:00〜17:00)原則4月〜10月(生物を観察できる時期)

講座の進め方(時間配分)

1.座学 「生物の多様性について」(60分)

  • 生物の多様性とは何か
  • なぜ生物の多様性が重要か
  • 生物の多様性を守るためにどんなことが出来るか
  • ビオトープとは何か、どんな役割があるのか

2.見学 「屋上ビオトープ見学」(30分)

  • 本社ビル屋上でビオトープを見学する

3.まとめ(30分)

  • 質問や感想、意見交換を通じて生物の多様性の大切さについて理解を深める
会社・事業所名 株式会社テクノ中部
業種 サービス業
EPOC会員アドレス https://www.epoc.gr.jp/kaiin/029.html
内容等の問合せ先 環境技術センター 052-614-7166