◆EPOC環境教育講座 詳細資料

SDGs04SDGs15
ナンバー 出前-18 タイトル 木工・木育 〜檜(ヒノキ)で木箱を作ってみよう〜
[本年度の受講受付は上限に達しましたので終了致しました。]

講座概要(講座のねらい)

  1. 木の風合いや特性を生かした家具などを製作する木工職人が、「匠の技」の紹介、木材をつかうモノづくりの魅力を語ります。
  2. かんながけ体験や釘を使わない接合技術(仕口)に触れ大工作業を学びます。
  3. 檜(ひのき)の材料(間伐材)を用いた木工製作をします。
所要時間 90〜120分 対象人員 20人程度(1回)
対象 小学生
中学年〜高学年
実施場所 図工室や工作室(可能であれば)
その他 技能五輪選手、技能グランプリ選手による基礎的な技術指導。
製作した作品を持ち帰ることが出来ます。

講座の進め方(時間配分)

プログラム概要…以下はひとつのパターンであり、実際には事前の受講者側との面談により構成します。
■木工教室流れ(目安時間)

1.技能五輪メダリストによるお話

  • 「ものづくりの仕事を志した理由」「木工の仕事の魅力」について(10分)

2.大工作業を学ぶ

  • 仕口(釘を使わない接合部材)とかんな掛け体験(10分)

3.木工製作

  • 檜(ひのき)の間伐材を用いた木工製作
    学年や時間によって製作するものを選ぶことが出来ます(70分)
会社・事業所名 清水建設株式会社 名古屋支店
業種 建設業
EPOC会員アドレス https://www.epoc.gr.jp/kaiin/089.html
内容等の問合せ先 ビルライフケアセンター 052-201-7610