◆EPOC環境教育講座 詳細資料

SDGs04SDGs07SDGs13
ナンバー 出前-10 タイトル 未来のエネルギー
[本講座は2022年度は休止させていただきます]

講座概要(講座のねらい)

  • エネルギー利用の歴史を振り返り、地球環境保全の大切さとクリーンなエネルギーの必要性を学ぶ。
  • 燃料電池車の組み立て実習により、その仕組みについて理解する。
  • 「燃える水」と呼ばれるメタンハイドレートについて学ぶ。
所要時間 90分 対象人員 1クラス
対象 小学校高学年〜中学校(授業用) 実施場所
その他 名古屋市および周辺地域の小中学校にて実施。別途ご相談ください。

講座の進め方(時間配分)

1.VTR「地球 PM5:47」(15分)または「氷の世界からのメッセージ」(20分)

  • 地球温暖化の実態
  • 私たちが地球環境を守るためにできること

2.座学「エネルギーの歴史」(30分)

  • 木の枝や動物のふんなどを燃料とした時代
  • 産業革命後の石炭、石油など化石燃料の大量消費
  • 天然ガスなどクリーンエネルギーが求められる現在
  • 燃料電池など高度なエネルギー利用や「燃える氷」メタンハイドレートの利用が期待される未来

3.実験実習(30分)

  • 燃料電池模型車を組み立て、燃料電池の仕組みについて学ぶ

4.まとめ(10分)

  • 環境保全のために、自分たちの身の回りでできることをまとめる。
会社・事業所名 東邦ガス株式会社
業種 ガス事業他
EPOC会員アドレス https://www.epoc.gr.jp/kaiin/116.html
内容等の問合せ先 CSR環境部 052-872-9252