ご挨拶

環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)は、環境行動に熱意ある企業・団体等が一同に会し、業種・業態の枠を超えて環境負荷低減活動などに関する研究、交流、実践、そして情報発信を行うことによってわが国の持続的な経済発展に資するため、中部地域の産業界が中心となり2000年2月に設立されました。

設立以来、環境経営に資する情報提供、循環型社会・低炭素社会・自然共生社会に関する先進事例の調査、次世代層への環境啓発や海外研修生との意見交換など、多岐に亘る活動を展開し、循環型経済社会の構築に向けた取り組みを進めてきました。また、2005年からは、愛知県とともに愛知環境賞の表彰を行い、環境負荷の低減に資する先駆的事例の紹介を通して資源循環型社会の実現を支援するとともに、中部地域で開催された2005年の「愛・地球博」(日本国際博覧会)、2010年の「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)、2014年の「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」に協力するなど、自治体や地域と一体となった取組みにも注力してまいりました。

気候変動など地球規模の環境問題への対応をめぐる国際的枠組みは、パリ協定が2016年11月に発効したのちに米国が離脱を表明するなど、国際政治情勢の影響を受ける不安定さもはらんでいます。一方で、持続的な経済発展を追求していくために、環境保全と企業活動が調和した循環型経済システムへの変革を着実に進めることが喫緊の課題であることに変わりはありません。このような中、わが国が環境問題に対応していくにあたっては、国レベルで行われる取り組みに加えて、各企業による主体的な環境行動と、業種・業態の枠を超えた企業間の連携、産官学や地域の幅広い主体が参加した連携を推し進めることが、重要性を増していると考えられます。

まさにEPOCでは、これまで「持続可能な経済社会」の実現に向けて、幅広い企業間・主体間で連携して行う活動の実績を積み上げてまいりました。EPOCが持つ役割、活動の意義は、益々大きくなると考えています。EPOCは、「企業が培ってきた環境のわざ(成果)を活かして、『低炭素社会』・『循環型社会』・『自然共生社会』を相互に連携させた『持続可能な経済社会』の構築を目指す」として、2020年ビジョンを定めています。その実現に近づくために、今後も会員の皆様とともに様々な活動を展開して参りたいと考えています。会員の皆様には、一層のご支援と、引き続き活動への積極的なご参加を賜りますようお願い申し上げます。

環境パートナーシップ・CLUB会長
柘植康英